Panorama Data Insights Logo
    アジア太平洋地域の体外診断薬市場: 検査タイプ別(臨床化学、分子診断、免疫診断、血液学、その他の検査タイプ)、製品別(機器、試薬、その他の製品)、使用性別(使い捨てIVD機器、再利用可能IVD機器)、用途別(感染症、糖尿病、癌/腫瘍、循環器、自己免疫疾患、腎臓病、その他の用途); エンドユーザー別(診断ラボ、病院・クリニック、その他エンドユーザー)、国別(インド、日本、韓国、オーストラリア・ニュージーランド、ASEAN、アジア太平洋地域その他) - 2031年までの世界機会分析および産業予測

    アジア太平洋の体外診断用医薬品市場は、2022年から2031年までに155億米ドルから230.1億米ドルまでの収益増加、予測期間にかけて年平均成長率(CAGR)が4.67%で成長すると予測されています。 続きを読む

    お手数ですが、下記フォームにてお申し付けください。

    このレポートのサンプルを見たい理由は*

    Panorama Data Insights Logo
    私たちは何十年にもわたる経験を持つ専門家のチームであり、情報、知識、知恵の絶え間なく進化する風景とのつながりを支援することを決意しています。
    ニュースレターにサインアップ:

    We Accept

    〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-2-6 日本橋大栄ビル 7階
    +81-5050505761

    Copyright ©2022 All rights reserved